デコルテライン気になりませんか?
28日 1月 2023
女性の皆様、デコルテライン、気になったことはないでしょうか? 今の季節は露出も少ないですが、半年もすれば夏本番、、、。背中・二の腕・デコルテが露出します。 特にウェディングを控えている方は、ドレスを綺麗に着こなすためにも重要な場所ですよね! 今回は、デコルテをスッキリさせるトレーニングを別府がご紹介致します!

「パーソナルトレーナー」とは
22日 1月 2023
年々、パーソナルジムは増えてきていますが、いまいち、パーソナルトレーニングとは何をするのか、パーソナルトレーナーとはなにができるのか曖昧な方が多いのではないでしょうか? 今回のブログでは、パーソナルトレーナーの役割や、私たちができることについてお話ししようと思います!

私たちと一緒に「健康経営」を始めませんか?
14日 1月 2023
2023年、私たちは「Physical Health Solution Provider」を目指して動き始めます。 パーソナルトレーニングを基盤とし、様々な角度から皆さまの「健康」を支えることができる企業へと成長してまいります! 私たちの祖先の課題は「安定的に食料を得ること」でした。 しかし、現代においては、およそ日々の生活に必要なものはパソコン・スマホから注文をし、食事ですらそれらのITデバイスから頼むことができます。 また、テレワークや在宅勤務が一般化し、人々は身体を動かす機会が減りました。 私たちは、今、進化の過程にいるのでしょうか? 日本では、医療費や保険にはお金をかける反面、その予防に時間とお金をかける文化はまだまだ根付いていません。 適度な運動・食事に投資をすることこそが、これからの時代に求められることではないでしょうか?

プッシュアップ(腕立て伏せ)は大胸筋を鍛える種目では無い!?
14日 1月 2023
今回のテーマである「腕立て伏せ」ですが、多くの人は胸筋を鍛えるためのトレーニングだと思っていますよね? しかし、実はそうではありません!解説をしながら、自宅でもできる腕立て伏せの正しいやり方をご紹介します。

多くの方にフィットネスの楽しさを!
30日 12月 2022
2022年は皆さまにとってどんな1年間だったでしょうか。 どこか世の中に漂う「閉塞感」や「諦め」。そういった中でも元気をくれるのは世界で活躍するトップアスリートのひたむきな姿。また、身近な人が何かに一生懸命に取り組む姿でした。 そして、私たちトレーナーはお客様からいただく「ありがとう」の一言が嬉しくて日々レッスンを行っています。 来年も多くの方に「ありがとう」と言っていただけるように、より多くのお客様の毎日がフィットネスを通じて豊かになうように取り組んでまいります。 あらためて私たちの施設で提供させていただいているトレーニングについてご案内させていただきます。 2023年は今まで取り組んだことがない種目・トレーニングツールに挑戦してみても良いかもしれませんね。

お正月をヘルシーに賢く楽しむコツ
30日 12月 2022
お正月に欠かせない『おせち』。 和食だから太りにくい、というわけではなく、品目によってはカロリーが高いものがあります。 お正月を迎える前に、食べ過ぎ注意な高カロリーな品目をチェックしてみましょう!! もちろん運動も忘れずに!!

目標設定の重要性
25日 12月 2022
2022年も残すところあと1週間となりました。 ところで皆様、改めて新年に決めた「目標」を振り返ってみていかがでしたか? 人によって様々ですが、大きな目標を掲げすぎていないでしょうか。 目標設定の立て方、大切さについて、今回はお伝えいたします。

膝の痛みを我慢しない!
17日 12月 2022
膝の痛みがあるから運動をするのを諦める…という方はいませんか。 パーソナルトレーニングの需要は、筋力強化やダイエットだけではなく、「痛みの改善」にもあります。 膝の痛みがあるというお客様に対して、私たちトレーナーがどう考えているか、詳しくお話をさせていただきます。

憧れの腹筋を手に入れる方法
09日 12月 2022
2022年も残すところあと3週間となりました。 今年も多くの皆さまにトレーニングにお越しいただき、トレーナー一同感謝の気持ちでいっぱいです! 今年も本当に多くのお客様にお越しいただいたわけですが、お問い合わの大半を占めるには「ダイエット」「ボディメイク」です。 「かっこいい身体になりたい」「体型をより良くしたい」という願いは、いつの時代も変わらないですね。 特に、年齢・性別に関わらず身体で気になる場所。 それは「お腹」です。 腹筋を構成するのは4つの筋肉です。 それらの働きをふまえ効率的に憧れの腹筋を手に入れる方法をご案内いたしましょう!

誰もが毎日2万回行っている運動とは?
02日 12月 2022
カタールで開催されているサッカーワールドカップ2022。 日本代表が2勝1敗で決勝トーナメント進出を決めました!!! 世界のトップアスリートである彼らと、一般のスポーツに縁のない方で、身体の構造や機能に大きな違いはあるのでしょうか? もちろん答えは「No」です。 骨の数、筋肉の数、内臓の数etc...、それらは「ヒト」という動物である以上、同じです。 世界のトップアスリートも私たちも、骨は206個、筋肉は約600個、心臓は1個、肺は2個です。 このように、基本的な構造・組成が同じである以上、アスリートと同じようなエクササイズが一般人にも適応されるはずです。 強靭な肉体を支える体幹。 一般的には体幹部の筋力低下が腰痛や肩こりの原因のひとつとされています。 しかし、体幹部を支えるために重要な要素は、誰でも毎日2万回も行っていると言われる運動です。 果たしてそれは、どんな運動なのでしょうか?

さらに表示する